■とき
2019年5月26日(日)
午後1時30分~3時
■ところ

サンウェルぬまづ2階中会議室

■2019年10月27日
10月のこもれびの会場は、千本プラザ小会議室に変更になりました。お間違いのないようお越し下さい。
News No.
内容

No.77

2019年4月28日の参加者は、男性4名

No.76

2019年3月24日の参加者は、男性3名

No.75

2019年2月24日の参加者は、女性1名、男性2名の計3名

No.74

2019年1月27日の参加者は、女性4名、男性1名の計5名

No.73

2018年12月23日の参加者は、女性2名、男性3名の計5名

No.72

2018年11月25日の参加者は、女性2名、男性2名の計4名

No.71

2018年10月28日の参加者は、女性3名、男性3名の計6名

No.70

2018年9月23日の参加者は、女性3名、男性1名の計4名

No.69

2018年8月26日の参加者は、女性1名、男性5名の計6名

No.68

2018年7月22日の参加者は、女性1名、男性3名の計4名

No.67

2018年6月24日の参加者は、女性1名、男性3名の計4名

No.66

2018年5月25日の参加者は、女性1名、男性2名の計3名

No.65

2018年4月25日の参加者は、女性1名、男性2名の計3名

No.64

2018年3月25日の参加者は、女性1名、男性6名の計7名

No.63

2018年2月25日の参加者は、女性1名、男性4名の計5名

No.62

2018年1月28日の参加者は、女性1名、男性5名の計6名

No.61

2017年12月24日の参加者は、女性1名、男性5名の計6名

No.60

2017年11月26日の参加者は、女性1名、男性6名の計7名

No.59

2017年10月22日の参加者は、女性2名、男性7名の計9名、内初参加者1名

No.58

2016年8月28日~2017年9月24日、計14回開催。参加者女性32名、男性47名の計79名、内初参加者2名

No.57

2016年7月24日の参加者は、女性5名、男性2名の計7名、内初参加者3名。

No.56

2016年6月26日の参加者は、女性2名、男性4名の計6名、内初参加者2名。

No.55

2015年11月22日~2016年5月22日の計7回、参加者女性14名、男性22名の計36名、内初参加者2名。

No.54

2015年10月25日、参加者女性1名、男性4名の計5名。

No.53

2015年9月27日、参加者女性1名、男性7名の計8名。初参加者3名でした。
■参加者の声から
・自分よりも年上の方ばかりだったので、少し勝手が違うかなと思いましたが、同じ感覚の方とあえて少し安心しました。月2回くらいでもいいかなと思っていましたが、遠方の方もいらっしゃるので難しそうですね。
・今日は調子が良くなかったのですが、参加できてよかったです。

No.52

2015年8月23日、参加者女性1名、男性7名の計8名。初参加者2名でした。
■参加者の声から
・いろいろアドバイスをありがとうございました。今回の参加を活かして復帰して、次回に報告します。ありがとうございました。
・みんなの調子のよい時、悪い時の対応を含め、話が聞けて参考になりました。
・同じような体験をされた方のお話を聞けて良かったです。

No.51

2015年7月26日、参加者女性2名、男性3名の計5名。初参加者はありませんでした。
■参加者の声から
・久しぶりに参加された方がお元気そうでうれしかった。
・もう少し参加者が多いと良いのだけれどと思いましたが、それぞれ体調や都合があるので仕方ありませんね。

No.50

2015年6月28日、参加者女性1名、男性4名の計5名。内初参加者は1名。
■参加者の声から
・メンバー―の方がやや元気そうでいらっしゃったのでホッとしました。
・クリニックで40~50分の診察を実施していると初めて聞いて驚きました。
・今日は人数が少ないせいかゆっくり話が聞けました。また来ます。

No.49

2015年5月24日、参加者女性3名、男性4名の計7名。内初参加者は2名。
■参加者の声から
・2か月ぶりの参加でした。最初すごく緊張して途中は吐きそうでたまりませんでしたが、何とか過ごせてよかったです。男性ばかりだったので少し戸惑いましたが、女性が来てくれて助かりました。また体調を見ながら参加します。
・この頃、落ち込み気味でしたが、ここにきて元気をもらえました。共感できることもいろいろありました。ありがとうございました。
・当事者同士話し合える場があり救われます。

No.48

2015年4月22日、参加者女性3名、男性4名の計7名。内初参加者は2名。
■参加者の声から
・「うつ」について改めていろいろな考え方や体験談を聞いて行くうちに、病気と向き合う勇気が持てたと思います。ありがとうございました。
・強い落ち込みの中何とか参加しました。疲れました。

No.47

2015年3月22日、参加者女性4名、男性7名の計11名。内初参加者は1名。
■参加者の声から
・自分と同じような悩みを抱えているんだなあと思いました。お話を聞けて良かったです。悩むのに疲れたという話が勉強になりました。
・(前略)新しい方の参加はありがたいですね。
・うつは辛いです。表現は難しいと思いました。(後略)
・怒りの感情は身体を痛めつけるので、セルフコントロールを模索しています

No.46

2月22日の談話室こもれびは、参加者女性6名、男性7名の計13名で、内初参加者は2名で患者当事者以外の方でした。
■参加者の声から
・久しぶりにこれて良かったです。みなさんのお話を聴けて参考になりました。
・この場に来れることは、調子が何とか維持できていて、憩いの場としてこもれびがあることが助かります。
・今日はお疲れ様でした。当事者以外の方は、別のテーブルに座っていただいた方がいいと思います。

No.45

1月25日、新年最初の談話室こもれびは、参加者女性3名、男性4名の計7名、初参加者は2名でした。
今回はご家族の参加があり、いろいろご苦労されている話を伺います。
体調がよろしければ是非ご本人にもこもれびに足を運んでいただきたいと思いました。
■参加者の声から
・家族の話が聞けて良かった。
・会場が分かりにくかった。

No.44

12月28日、今年最後の談話室こもれびは、参加者女性1名、男性5名の計6名でした。
近況報告の後の意見交換では、うつがひどいときの過ごし方や他の患者会のこと、それぞれの病状についてなどが話されました。
■参加者の声から
・次回から会場がサンウェルぬまづに変更になるということで、会場変更の情報がこれまで来てくれた人たちに十分伝わっているか心配です。

No.43

11月23日のこもれびの参加者は、女性5名、男性6名の計11名でした。初参加者は1名でした。
自己紹介、近況報告の後、自由に意見交換しました。病院をどのように選ぶか、医者との関係について、仕事のこと、障害者年金についてなどが話題に上がりました。
■参加者の声から
・去年2月以来の参加でしたが、今、気分が落ちていて、言いたいことが言えなくて心残りでしたが、やはり参加していろいろお話を聞けて良かったです。(後略)
・毎月1回同じ症状の人たちの話が聞けて、いろいろなことが勉強にもなります。(後略)
・病院選びはやはり難しいですね。これから転院なので心配です。

No.42

10月26日のこもれびの参加者は、女性3名、男性4名の計7名でした。
それぞれの近況のほか、市内の患者会のことやデイケア、手帳の取得などについて、
その他諸々のことを自由に話しました。
■参加者の声から
・来年から会場が変わるかもしれないという事で、わたしはまだ土地勘がないので、ナビで行けるようにします。
・うつ病の方の話を是非聞きたいですが、やはり本人にとっては厳しいなと思います。
・一つのテーマがもう少し短いといいと思います。
・いろいろな話を聞くことができて良かったです。

No.41

9月28日のこもれびは、女性4名、男性7名の計11名の参加でした。
全員がリピーターで初参加の方はいませんでした。
フリートークでは、入院、薬、自殺願望、精神保健福祉手帳についてなどが話されました。
■参加者の声から
・自分の場を広げようとノーチラス会、ポ○○○と参加しましたが、やはり初参加というのは緊張してしまい、やはりこもれびが通いなれた分いやすいです。ここ一か月はそれで疲れたので芝峪は気持ちを落ち着かせたいです。
・精神単価病院の入院の実態がよくわかった。
・入院、病院のお話をたくさん聞けて良かったです。

No.40

8月24日のこもれびの参加者は、女性4名、男性6名の計10名でした。
近況報告のあとのフリートークでは、鬱の時の過ごし方、希死念慮、カウンセリング、
就労についてなどが話題になりました。

No.39

7月27日のこもれびの参加者は、女性2名、男性5名の計7名で、初参加者は1名でした。
それぞれの近況のほか、睡眠の悩みや希死念慮について、服薬のいろいろ、
その他諸々のことを自由に話しました。
■参加者の声から
・参考になる話がありました。
・今日は人数が少なかったので、いろいろ話ができてよかった!!
・皆さんの話を聞けてとても参考になりました。これて良かったです。

No.38

6月22日のこもれびの参加者は、女性5名、男性8名の計13名でした。
6月の改正道交法施行について、今月自動車免許の更新をした人の話を聞けました。
「質問票」はほとんど以前と変わらず、病名を聞かれることもないそうで、一安心です。
■参加者の声から
・今日も楽しみにしていました。いろいろ話を聞けて良かったです。
・皆様の話を聞けて良かったです。やはり、病院の情報がほしいです。
・久しぶりに参加させていただきました。皆様にお会いできてよかったです。

No.37

2014年5月25日の談話室こもれびの参加者は、女性3名、男性7名の計10名で初参加者は1名でした。
減薬、再就職、家族・夫婦関係、医者との信頼関係、その他さまざまなことを話題にフリートークを行いました。
■参加者の声から
・久しぶりに参加させてもらいました。話をするのは健康にいいなと思いました。いろいろな話が聞けて良かったです。
・今日は体調も悪く、話す話題はありましたが、上手く話せそうもないし、輪の中に入っていけませんでした。自分残念です。(後略)
・(前略)最近、過活動で来れるかどうか分からなかったのですが、皆さんに会いたいと思い来ました。来て良かったです。

No.36

2014年4月27日の談話室こもれびの参加者は、女性3名、男性5名の計8名でした。
近況などを話した後の話題は、求職のこと、改正道交法の施行について、家族などの理解、
医者とのコミュニケーション、相談窓口に対応などでした。
■参加者の声から
・他の方の主治医の話を聴かせていただけて良かったです。
・5月20日の改正道交法の施行で運転免許がどうなるのかしっかり調べたい。

No.35

3月23日の談話室こもれびは、女性6名、男性6名の計12名で、初参加者は男性1名でした。
毎回、初参加の方が少人数ですがいらっしゃってくれて、談話室も話が弾みうれしく感じます。
つらい気持ちがあっても少し薄れるような気がします。

No.34

2月23日の談話室こもれびは、女性5名、男性6名の計11名で、初参加者は男性1名、女性2名でした。
今回は、つらいうつの現状や不安などが多く語られました。
■参加者の声から
・自分と同じうつの方の話がたくさん聞けて良かったです。いろいろな経験や気持ち、将来への不安、誰もが感じているということが分かり、気持ちが少し楽になりました。
・うつ病の方の含蓄のある話が聞けて参考になりました。どうか皆さんの病状が良い方向へ向かうよう願っております。
・場所が不便で…それさえ解決すれば毎月来ますが。(車に乗らないので)
・今日はありがとうございました。少し気が晴れました。
・たくさんお話をさせていただいてありがたかったです。自殺願望が少しへりました。

No.33

1月26日は、参加者、女性3名、男性6名の計9名で、初参加者は男性2名、女性1名でした。
カウンセリングや心理療法、ストレス対処法などが話題になりました。
■参加者の声から
・他の病院の状況とかの話が聞けて良かった。
・双極性障害の話が多くてよくわからなかった。
・普段は周囲が健康な人たちの中での生活のため、病気の人と話ができたのは良かったです。

No.32

12月22日の参加者は、女性6名、男性5名の計11名。内初参加者は男性1名でした。
話題となったのは、うつがきついときの状態や過ごし方、うつと身体的な症状、
改正道交法の行方についてなど。
これからのこもれびに期待することとして、例会の回数を増やす、
イベントの開催、WRAP(Wellness Recovery Action Plan)の実施などでした。

No.31

11月24日の談話室こもれびは、女性8名、男性5名の計13名。
これまでで最も多い参加者でした。この内、女性2名、男性1名の方が初参加でした。
■参加者の声から
・いろいろな情報を交換できてよかったです。
・たくさんの方の意見が聞けてとても勇気づけられました。
他の人を気にせず、自分の生活を大事にしていきたいと思いました。自分は一人ではないと感じることができました。
みなさん薬についての知識の多さに感心し勉強になりました。
・双極性障害の人の話が聞けて良かったです。

No.30

10月27日の談話室こもれびは、女性4名、男性4名の計8名。
その内、女性1名の方が初参加でした。
フリートークでは、「やる気が起こらない、みんなどうしてる?」とか、
「単極性と双極性のうつ症状は?」、「眠れない、眠りすぎる、昼夜逆転」などなど。
「話しっぱなし、聞きっぱなし」を基本に気軽なおしゃべりができました。
■参加者の声
・「こもれびに」に来ると心が落ち着きます。
同じ悩みを持っている人の話を聴けて、自分も頑張ろうという気持ちになれます。
他の人を気にせず、自分の生活を大事にしていきたいと思いました。

No.29

9月22日の談話室こもれびは、女性2名、男性6名の計8名でした。
その内、1名の方が初参加で、受診されているクリニックのドクターの
紹介で参加されたとのこと。感謝です。
近況報告などのあとのフリートークでは、食欲、過食、寝不足、過眠などが
話題になりました。
■参加者の声
・毎回、参加することが楽しみです。
・(前略)躁気味で、考えなしの発言をしてしまいましたが、批判する人もなく、
ありがたいと思いました。
・違った環境の人の話を聞けて、いろいろ参考になりました。

No.28

8月25日のこもれびの参加者は、女性2名、男性6名の計8名で、
内初参加者は男性の2名でした。
また、お一人はTwitter(@komorebi50)を見て参加されたということです。
近況報告などのあとのフリートークでは、眠剤の利用、希死念慮、
飲酒などが話題になりました。
■参加者の声
・このような場で、同じような境遇の方のお話に耳を傾ける機会が持てるのは
良いことだと思います。周りに理解を求めるにしても限界がありますので、
しばらく参加させていただきたいと思います。
・本当に病気は難しいと思います。お酒も難しいと思います(が、何とかした方が良いと思います)。

No.27

7月28日のこもれびの参加者は、女性4名、男性7名の計11名で、
内初参加者は女性の1名でした。
■参加者の声
・同じような悩みもありました。
上手い言葉が見つからなくて、本当に言葉は難しいと感じました。
・色々な体験をされている方々とお話をさせてもらい、貴重な体験になりました。
・楽しかったです。また来たいと思います。いろんな話をし、聞きたいと思います。

No.26

6月23日のこもれびの参加者は、女性4名、男性8名の計12名で、
過去最高の人数でした。内初参加者は男性の2人でした。
自己紹介と近況報告などの後、フリートーク。
道路交通法改正、病気の受容、その他、個々の体験などもいろいろ話しました。
■参加者の声
・同じような悩みを抱えた方との話は、気分が楽です。
・重い体験談をいろいろ聞かせてもらいました。辛い経験がいっぱいあるのですね。

No.25

5月26日のこもれび参加者は、女性2名、男性7名の計9名で、 内初参加者は3名でした。
参加者それぞれが病状などの近況を話した他、医師の診断に
対する様々な体験もいろいろ話しました。
■参加者の声
・いろいろお話を聞かせていただいて良かったです。元気を
もらいました。次回も参加したいです。
・新しい参加者さんも増えました。今日は、笑いも出て、
楽しく過ごさせてもらいました。
No.24
4月28日のこもれび参加者は、初の二桁10名でした。
内訳は女性5名、男性5名で、内初参加者は女性の3名でした。
10人くらい集まると少し賑やかで、雰囲気も明るく感じました。
気軽に懇談するにはちょうど良い人数かもしれません。
■参加者の声
・自分ひとりだけでなく、これだけの人が悩んでいると思い、仲間がいるのだなー
と思いました。同じような思いや、もっと大変な人もいるのを感じ、
話し合えたのがとてもうれしく感じました。
・病気の波や、睡眠のリズムの話など、意見交換ができて楽しかったです。
・皆さん、たくさん薬を服用していて大変です。
No.23
3月25日の参加者は、女性3名、男性6名の計9名で、内初参加者は男女各1名でした。
最近は沼津市外の参加者が増えていることはうれしいことです。
会場があまり交通の便の良くないところですが、今後も広く広報活動を
行っていきたいものです。
■参加者の声
・躁鬱の話が多いと感じた。もう少しうつ病の話も聞きたかった。
・気分障害でアルコールで悩んでいる方が多い。アルコールだけの談話もほしいと思った。
・様々な方のお話が聞けて大変勉強になりました。薬や病状等奥が深いと感じています。
No.22
2月24日の参加者は、女性3名、男性6名の計9名で、内初参加者は4名でした。
お正月に東部地域の各精神科クリニックにこもれびのチラシをお届けした
成果がありました。
No.21
1月27日の参加者は、女性3名、男性5名の計8名で、内初参加者は1名で、
ホームページを見て参加されたとのことです。案外このホームページを見て下さってる方が
少ないように感じていたので、少しうれしく感じました。
■参加者の声
・皆さんのお話が聞けることが良いと思います。
・いろいろな話を聞くことができて参考になりました。
・双極性障害の方が多いなと思います。
・(前略)私(パニック障害)と病気は違いますが、みなさんのお話を聞いて参考になる
こともありますし、勉強にもなります。ありがとうございました。
No.20
12月23日の参加者は、女性1名、男性4名の計5名で、内初参加者は3名でした。
今回、初めて統合失調症の方が参加されました。
こもれびでは、これまでうつ病、双極性障害などの気分障害を対象に
呼びかけをしてきましたが、同じ精神疾患で抱える課題も共通する点が
多い統合失調症の方に参加していただくことができて良かったと思いました。
是非これからも気軽にご参加ください。
No.19
11月25日の参加者は、女性3名、男性4名の計7名。内初参加者は男性1名。
今回もそれぞれの経験を通じた医療機関の情報交換が行われました。
自分以外の治療の様子を聞くのはたいへん参考になります。
また、今月、三島市、清水町、長泉町の3市町の広報紙に、
談話室こもれびの案内記事が掲載され、記事をご覧になった6人の方から
問い合わせご相談などがありました。
■参加者の声
・前略…とても純粋な美しい心を持った方と話ができてとても楽しかったです。…後略
・患者さん同士で話ができることは、ご自身にとってもよいことだと思います。
No.18
10月28日の参加者は、女性4名、男性3名の計7名。内初参加者は男性1名でした。
今回は、病気や薬の話題の他、家族の話しが多かったです。
親、子供、兄弟、姉妹、夫、妻…。
良いことも悪いことも、たくさんあります。
私たちにとって避けることのできない大事なテーマの一つだと改めて感じました。
No.17
9月23日の参加者は、女性2名、男性4名の計6名。初参加者はいませんでしたが、
初対面の方が多かったと思います。
病気に対する家族や周囲の理解について話題になりました。
また、医療機関などに関する情報交換もできました。
No.16
8月26日の参加者は、女性6名、男性2名の計8名。初参加者は女性4名でした。
今回は、うつ病、双極性障害の他、パニック障害、線維筋痛症の
患者さんも初めて参加されました。
抱える辛さがみんな同じというわけではありませんが、
共通する悩みや課題もあって話は絶えませんでした。

■参加者の声
・皆さんがすごく大変な問題を抱えていて、素敵な人たちに囲まれ、
楽しかったです。もう一度生きたいと思えました。
・他の人の話が聞けて、自分の不安が少し和らぎました。
・気持ちが落ち着きました(自分と同じで安心しました)
No.15
7月22日の参加者は、女性1名、男性3名の計4名で、初参加者は1名でした。
4人の内3人が双極性障害(躁鬱病)だったため、先月に続き、
今回も双極性障害の話題が多くを占めました。
また、病気になっても仕事を続けていくことについても話しました。
参考書どおりにはいかないのが現実ですが、経験の分かち合いが少しでも問題解決の
一助になればと願います。
No.14
6月24日の参加者は、女性1名、男性2名の計3名でした。
3人中2人が双極性障害(躁鬱病)だったので、そちらの話が多くなりました。
鬱と躁鬱は根本的に違う病気。
躁状態が自覚されにくいため躁鬱であることが見落とされて
鬱の治療を続けているケースが多いんじゃないか、などなど。
No.13
5月27日の参加者は、女性2人男性3人の計5人で、初参加は1人でした。
双極性障害の話を大分しました。病気との付き合い方、家族のことなど。
病気への向き合い方をいろいろ話すことができました。
No.12
4月22日の参加者は10人で、過去最高でした。
内訳は、女性6人内初参加者4人、男性4人内初参加者2人でした。
年齢も20代から70代まで各世代が揃って多彩でした。
初参加の方は広報ぬまづ4/15号をみて来てくださいました。
No.11
3月25日の参加者は、今までで最も少なく、女性1人、男性2人の計3人でした。
誰もこなくても、扉はいつでも開いています。
ただそれだけの場でありたいと思っています。
さて、初参加のお二人は、通院されているクリニックでこもれびのチラシを見て、
来てくださいました。
一方的に送りつけたチラシを院内に張ってくださった病院、クリニックの方々に感謝します。
病気を抱えると、女性というか主婦は「大変だなぁ」とあらためて実感しました。
(男がもっとしっかりしないと駄目ですね)
統合失調症もけっして他人事ではありません。今回もいろいろ考えさせられました。
No.10
2月26日、女性1名、男性は初参加のお一人を含めて5名の計6名でした。
初参加の方は、こもれびのポスターを見て参加して下さいました。
どこで見たかは秘密です。
双極性の話題で、それぞれのそう状態とか話しました。
その他、眠れない辛さ、寝すぎてしまう不安(?)などなど。次回もいろいろ話がしたいです
No.9
1月22日の参加者は、女性2人、男性3人の5人、内男女各1人が初参加でした。
先月の広報ぬまづを見て来て下さいました。
体調が悪くなければ、これからも是非、気軽に参加していただきたいと思いました。
No.8
12月25日、参加者は、女性3人、男性4人の計7人で、初参加は3人。
内2人は、患者当事者ではありませんでしたが、せっかくなので参加者の
了解を得て同席いただきました。
家族関係の悩み、親の悩み、自殺の心配・・・重たい話が多かったです。しかし、
最後はみんなでサポートしていきたいという分かち合いができたと感じました。
また、Aさんからは、参加者全員に手作りクッキーのクリスマスプレゼントを
いただきました。とてもおいしかったです。ありがとうございました。
No.7
11月20日、参加者女性1名、男性4名 計5名。
初参加者は1名でうつ歴30年の60代男性。
自動車で約2時間かけて参加くださいました。
No.6
10月23日、参加者は女性5人男性4人の計9人で、
今までで最も多い人数でした。
その内、初参加者は2人でした。年齢は20代から60代まで多彩。
職場や仕事についての悩みが多く語られました。
No.5
9月26日、第4回談話室を開きました。
参加は男女4人ずつ計8人で、5人の方が初参加でした。
9月20日の静岡新聞夕刊にお知らせを載せていただいた効果がありました。
ありがとうございました。
主な話題は、自分の病状についての他、仕事、薬、認知(行動)療法などについて
話されました。
No.4
8月28日に第3回目の談話室を開きました。
参加者は女性4人、男性3人の計7人。全員、初対面でした。
また、全員が8/1発行の「広報ぬまづ」の市民伝言板を見て
参加してくれたそうです。
やはり「広報ぬまづ」の力は大きいです。ありがとうございます。
今回、初めて、患者当事者ではなく、親の立場でお二人の方が参加されました。
談話室は、隣のページの談話室での約束事にもあるように、
患者当事者のみを対象としています。
しかし、困り果て、あらゆる手を尽くしながらも解決の糸口が見つからないまま、
「こもれび」のことをどこかで知って来て下さった家族の方々の思いは、
私たちの家族と変わりません。解決のお手伝いができるような立場では
まったくないのですが、どうかまた、談話室こもれびの扉を叩いてください。
No.3
7月23日の沼津朝日で「こもれび」が紹介されました。
沼朝さん、ありがとうございました。
7月24日に第2回目の談話室を開きました。
参加者は女性2人、男性3人の計5人。
初参加者は2人で、沼津朝日をみて来てくださいました。
No.2
6月26日に第1回談話室を開きました。
参加者は女性4人、男性1人の計5人(管理人を含む)。
全員初対面でした。
No.1
ホームページ立ち上げ。
うつの方のための談話室「こもれび」へいらっしゃいませんか?