■とき
2019年9月22日(日)
午後1時30分~3時
■ところ

サンウェルぬまづ2階中会議室

■2019年9月3日
次回9月29日(日)の「談話室こもれび」は、会がスタートして100回目の開催です!
■2019年10月27日
10月27日(日)の「談話室こもれび」の会場は、千本プラザです。お間違いのないようお越し下さい。
メンタルヘルスマガジン「こころの元気+(plus)」
NPO法人地域精神保健福祉機構・コンボ・編
うつ病・統合失調症などの精神疾患をかかえる本人向けの月刊雑誌です。私たちに役立つ話題、情報、連載などが満載です。是非、定期購読を!(左は2014年2月号) (NPO法人地域精神保健福祉機構)
精神科診療室の窓を開けて
鈴木映二・著
精神科医である著者が診療室で出会った患者さんたちとのエピソードを綴ったエッセイ。精神科診療室の窓からは、世間の偏見と闘いながら、人間らしさを失わずに、それぞれの人生をひたむきに生きる患者さんたちの姿がのぞいています。(アルタ出版)
困ってるひと
大野更紗・著
ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日とつぜん原因不明の難病を発症。自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。命がけのエッセイ。絶賛生存中!!(ポプラ社)
うつまま日記。
まつもとあけみ・原作 佑美・漫画
「うつまま日記。」は、その名前のとおり、うつ病をかかえながら育児をしている原作者のまつもとあけみさんの体験をマンガにしたものです。この本は、原作者もマンガを描いたのも、編集を担当したのも、3人とも精神疾患を抱える女性達。マンガ界初の出来事です!(NPO法人地域精神保健福祉機構)