■とき
2019年12月22日(日)
午後1時30分~3時
■ところ

サンウエルぬまづ2階中会議室
沼津市日の出町1-15
055-922-2020

更新日
NEWS内容
2019年11月24日
11月23日(土)付の沼津朝日でこもれびが紹介されました。
2019年9月23日
10月27日(日)の「談話室こもれび」の会場は、千本プラザです。お間違いの内容お越しください。

2019年9月22日
9月22日(日)の「談話室こもれび」は、会がスタートして100回目の開催でした。
2011年6月26日に第1回目の「こもれび」を千本プラザで開催し、延べ920人、101人の方が参加してくれました。
ささやかな集まりですが、今後も地道に続けていけたらと思います。当日は沼津朝日新聞社の取材もありました。
これからはさらに「こもれび」の活動を多くの方に知っていただくよう工夫もしていきたいと思います。
みなさん是非お気軽にご参加ください。

2019年9月03日
次回9月29日(日)の「談話室こもれび」は、会がスタートして100回目の開催です。
2011年6月26日に第1回目の「こもれび」を千本プラザで開催し、延べ920人、101人の方が参加してくれました。
ささやかな集まりですが、今後も地道に続けていけたらと思います。みなさん是非お気軽にご参加ください。

2018年08月31日
10月と11月のこもれびの会場は、千本プラザ小会議室に変更になりました。お間違いのないようお越し下さい。

アクセスはこちらのページから。

2014年07月28日
2014年7月20日(日)こもれび主催の精神保健講演会を開催しました。
定員いっぱいの50名が参加し、講師の国際医療福祉大学教授で特定非営利活動帆人全国双極性障害団体連合会理事長の鈴木映二先生のお話に聞き入りました。
後半は質疑応答で、予定時間をオーバーして懇切丁寧に対応してくださいました。
あらためて鈴木先生にお礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。
以下、講演会の報告書を掲載します。

◆精神保健講演会実施報告◆

●事業の目的
地域における精神保健福祉の啓発及び患者当事者による自助活動の推進

●事業の名称
精神保健講演会/うつ病などの気分障害の話『気分障害の薬の副作用と飲み合わせについて』

●日 時
2014年7月20日(日) 12時30分開場 13時開演

●会   場
千本プラザ2階大会議室(沼津市本字千本1910-206)

●参加者人数
50名

●事業の内容
国際医療福祉大学付属熱海病院教授で特定非営利活動法人日本双極性障害団体連合会理事長の鈴木映二先生による講演
12:30 受付開始
13:00 開会、講師紹介
13:10 講演
14:20 休憩
14:35 講師への質問と回答
15:20 閉会

●主   催
うつの方のための談話室こもれび

●後   援
特定非営利活動法人日本双極性障害団体連合会
沼津市
静岡県精神保健福祉士協会

●参加者の声(抜 粋)
・とてもよかったです。またこのような機会があれば参加したい。
・とても参考になりました。気をつけなくてはいけない事、講演を聞いて気持ちを新たにしました。
・Drとの話し合いが大切だという事が分かりましたが、1か月に一度数分間ではどれだけ伝えられるか心配というのもまた事実です。
・心電図の大切さが分かった。
・少し気持ちが楽になれました。
・医者任せでなく自分も知識を持ち自己防衛することが大切だと思った。
・これまで一度も採血検査を受けていない。次の通院で先生に聞いてみようと思います。
・当事者同士での情報交換や健康管理を学ぶこと、また生きずらさを共有すること、とても大切であると学びました。
・講演は少し難しい部分もあったが、多岐に亘り、参考になることがいくつもあった。質疑応答に50分超も時間を設けて下さり、とても良かった。

●実施経費
会場費 12,000円
印刷費 48,000円
通信費 4,264円
 計  64,264円
※特定非営利活動法人日本双極性障害団体連合会より支援金30,000円の収入有
2014年05月07日
【講演会のお知らせ】
丸2年が経ちました。
談話室こもれび三周年記念企画「精神保健講演会・うつ病などの気分障害の話」を開催します。
演題『気分障害の薬の副作用と飲み合わせについて』
とき 7月20日(日)13:00~15:00(開場12:30)
会場 千本プラザ2階大会議室
講師 鈴木映二先生(国際医療福祉大学付属熱海病院教授、特定非営利活動法人日本双極性障害団体連合会理事長)
入場無料(定員50人)
後援 沼津市・静岡県精神保健福祉士協会・特定非営利活動法人日本双極性障害団体連合会
2013年06月07日
2011(平成23)年6月26日(日)に、第1回の談話室こもれびを開いてから
丸2年が経ちました。
この間、57名、延160名の気分障害を抱える患者当事者の皆さんが
この場を訪ねて下さいました。多くの出会いとつながりが生まれて
きたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも悩みや愚痴、病気についての情報交換など、
有意義な会を続けていけたらと思います。
みなさん、どうぞよろしくお願いします。
2013年05月01日
3月23日に開催しました「花見山の春-FUKUSHIMA-」沼津上映会後に
御覧頂いた皆様からお寄せいただいた感想を一部抜粋して
掲載させていただきます。

感想一覧はこちらから。
2013年04月11日
ドキュメンタリー映画「花見山の春-FUKUSHIMA-」沼津上映会、
来場者延200人。
みなさんありがとうございました。
2013年03月04日
ドキュメンタリー映画「花見山の春-FUKUSHIMA-」沼津上映会開催がもう間もなくまで迫って来ました!
まだまだポスターの掲示、チラシの配布等ご協力いただける方を募集しております。
また、上映会に興味を持ってくださった方は無料ですのでお誘い合わせの上ぜひ当日お越しください。
2013年01月25日
「花見山の春-FUKUSHIMA-」沼津上映会開催に向けて、ポスター、チラシが刷り上がりました。
より多くの皆さんにご来場いただけるよう精力的に広報・PR活動を行っていきたいと思います。
また、ポスターの掲示、チラシの配布等ご協力いただける方は是非ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

また、当上映会に対して後援をいただいた機関・団体と次のとおりです。
この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
【沼津市・沼津市教育委員会・沼津市ボランティア連絡協議会・沼津市職員労働組合連合会・特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会】
更新日
NEWS内容
2012年12月01日

去る11月5日、福島県いわき市に「花見山の春-FUKUSHIMA-」という
映画を観に行ってきました。
震災と原発事故により多大な被害をを受け、
今もなお様々な困難の中で暮らす福島の人々声を伝える作品です。
学者でもなく、ジャーナリストとかでもなく、市民運動家などでもない、
今を生きている福島の人たちの声、思いが伝わってきます。
是非、多くの人に観てもらいたいと思いました。
そこで、沼津市での自主上映会を企画することにしました。
概要は下記のとおりですが、詳細については鋭意調整中です。
当日に向けて多くの皆さんのご支援とご協力をお願いいたします。

■と き
 2013年3月23日(土) 昼の部14:00~15:30 夜の部19:00~20:30
■ところ
 ぬまづ健康福祉プラザ(サンウェルぬまづ)4F多目的ホール
■入場料
 無料
■予告編 ※…音が出ますのご注意ください!
JP 花見山の春 -FUKUSHIMA- 投稿者 interbayfilms  
2012年07月31日
地方公務員災害補償基金は、東京高裁での控訴請求棄却
(7月19日)を受け、最高裁に控訴しないことを決めたそうです。
このことで、故木村百合子先生の自死が公務災害であることが
最終的に確定しました。
これで問題のすべてが解決したわけではありませんが、
裁判が終わったことは大きな一区切りだと思います。
木村百合子先生の冥福をあらためてお祈りします。
どうか安らかにおやすみください。
2012年07月19日
故木村百合子先生の公務災害認定を求める裁判は東京高裁でも勝訴。
教壇に立ち、たった半年で自ら命を絶たざるを得なかった木村先生の死を、
法廷は公務災害と認定した。当然の結果とはいえ、本当に良かった。
しかし、何かやりきれない思いが残る。
被告地方公務員災害補償基金は高裁判決を真摯に受け止め、
決して上告すべきではない。
被告基金サイドの全関係者は、心から反省をし、二度と木村先生のような
犠牲者を出さない教育現場の再生に真剣に取り組んでほしい。
2012年07月18日
7月18日(水)の沼津朝日でこもれびの紹介をしていただきました。
ありがとうございました。
2012年06月25日
故・木村百合子さんの公務災害認定裁判の判決が、
7月19日(木)午後1時15分東京高裁717法廷で出されます。
2012年05月29日
昨年6月に談話室こもれびを開いて1年が経とうとしています。
計12回開いて、34人、延べ75人の人たちが、こもれびを訪ねてくださいました。
性別、年齢、お住まい、もちろん病気や症状も様々な人たちの集まりでした。
ささやかですが、同じ病気を抱える当事者が気兼ねなく思いを語れる場として、
これからも地道に続けていけたらいいなと思います。よろしくお願いします。
2012年03月05日
「こもれび」をもっと地域の仲間、関係者の皆さんに
知っていただきたいと、ポスター兼チラシを作成しました。
2月12日には市内のスーパー6店の掲示板に貼って
いただきました。
(残念ながら1ヶ月間だけですが。ほとぼりが冷めたら
また頼みに行きます)
また、市役所、保健所、地域活動センター関係と
市内及び近隣の精神科病院、クリニックにも郵送で
ポスターとチラシの掲出をお願いしました。
一度に効果は表れないと思いますが、「こもれび」の
存在を知っていただくための宣伝は今後も地道に
やっていきたいものです。
2011年07月27日
7/23(土)の沼津朝日で「こもれび」が紹介されました。
2011年06月26日
第一回談話室を開きました。
2011年06月06日
ホームページを立ち上げました。